製品の安全性能を上げるうえで欠かせないリン酸処理とは


製品の欠陥となりうる泡を消すのがリン酸処理

世の中に出回る工業製品において、企業が製造するうえで注意している物質があります。それは空気であり、空気は製品を作るうえで耐久性を落とす原因になります。工業製品を作るうえで塗装などをする際に、どんなに気を付けていても空気が入り込みます。空気はとても軽いため、内部で蓄積して泡となって現れます。この泡というものはとても厄介で、皮膜として広がった泡は破裂すると空洞を生み出します。空洞が無数に入ると衝撃に弱くなるため、工業製品の耐久性に著しく影響を及ぼすのです。

空気を包み込んだ阿波の対処は急務であり、そこで抗議業製品を作るうえで欠かせないのがリン酸処理です。これはリンの入った溶液をスプレーなどで拭きかけることによって、表面張力を中和することで泡を消し去ります。泡が消えれば、余計な空洞が無くなり製品販売において重要な耐久性を高い状態で維持できるのです。

食品にも使われるリン酸処理

一般的にリン酸処理は工業製品に使われますが、それ以外にも身近な食品にもリン酸処理は使われています。その代表格と言えるのが豆腐やプリンといった原液を固めて作る料理であり、これらの料理の特徴として製造工程に材料が均等になるようにかき混ぜる必要があるのです。そのかき混ぜる際に大量の空気が入るのですが、そのままにしておくと見た目と食感が悪くなってしまいます。お店であれば丹念に取り除くことで対処しますが、工場で作る大量生産だと手作業で行うのは難しいです。そこで食用のリン酸を使うことによって、その泡を消すことで見た目と食感をよくする効果を発揮します。

消泡剤とは名前の通り、泡を消してくれる働きがあります。工場などで、物質の処理の際に発生する泡を消すことで、作業の効率化を促したり、加工された製品の品質の向上に役立てたりすることができます。